ブランドの概要と今後のブランド戦略について

ブランドとはもともと、ノルウェーのノルド語から派生したものです。家畜の所有者が家畜に焼印を施し、他人の家畜との区別をするための印が起源であるといわれています。現在では、企業が自社製品やサービスの品質の高さやデザイン、革新的な技術等を名称やロゴ、マークなどの標章を用いて競合他社との差別化を図っています。企業の製品やサービスと消費者のあらゆる情報と、それらを伝達するメディアや消費者自身の経験などが加味されて、当該の製品やサービスに対して出来上がるイメージの総称ともいえます。

日本やアメリカといった先進国では、様々な製品やサービスが溢れかえっています。その中で、他社との競争を勝ち抜くためには、他社にはないオンリーワンの価値を持たなければなりません。オンリーワンの価値は品質や機能はもちろんのことですが、独自の世界観を持つことが不可欠です。独特の世界観を持つことで初めてブランドが誕生します。それを顧客に認識させることによって、顧客を獲得することができるとともに顧客の維持もできるようになります。企業にとって非常に重要になってきます。

本来、特定の製品やサービスに対してファンになっている顧客のために行うものであり、同じ価値観を持った同質の顧客層の取り込みや増加を図るものです。また、本来ある中身に対する特徴を象徴的に表現するものです。しかしながら、中身がなくても戦略を行うことは可能です。企業と顧客の両者において、互いの共有する価値観を象徴化したものと捉えるとブランドを構築することができます。もし中身がないのであれば、先に宣言したのちに品質の高さや機能の革新性、デザインなどの中身を構築していけばいいのです。顧客は必ずしも結果のみについてくるわけではありません。企業の将来における期待値や価値観、プロセスに感化されることも大いにあります。多くの人々は企業のプロセスや理念に感化され、ファンとなっていきます。名実ともに知られるようになるためには、企業の継続的改善に伴う努力と積極的な行動が必要不可欠となります。

今後の戦略は従来の方法から変わることになります。今後、消費者は自己の個性や価値観を重要視する生活様式になると予測されています。そこで消費者は、合理性の追求と価値の追求の二極化が進行します。今後企業は、価格重視の製品やサービスを提供するものと価値重視の製品やサービスを提供するものの適度なすみわけが必要になってきます。どこにターゲットを置くかが今後の戦略で重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*